布団のことなら、大正12年創業石田屋にお任せください。あなたの生活に心地よい快適寝具布団をご提案します。

石田屋について

現代社会におけるストレスや疲労などによる精神的・身体的負担などから、睡眠が注目されています。
快適な睡眠を得ることによっての生活のメリットが非常に大きいのは確かなところです。
石田屋では100年使える「安全で良質な寝具」を提供しております。

01

100年使える高品質の本物の寝具

石田屋の扱う商品は、身体に安全・安心な品質を第一に、肌にやさしく使い心地の良いもの、アレルギーに配慮したものです。さらに、生産者や原料が採取できる環境にまでこだわり、大量生産品では実現できない一点一点丁寧に作られた質の高いものを提供しています。

羽毛や羊毛などは海外より直接仕入れることにより、非常にお求めやすい価格での提供を実現しています。
麻・綿・真綿・ウール・馬毛・羽毛に天然ラテックス。
よりすぐりの素材であなたに合った健康な眠りを提供いたします。

最高峰のアイダーダック羽毛布団の寿命は100年以上、馬毛の敷布団とマットレスも100年以上使用し続けることが可能です。

02

寝具に気を遣っているホテルや旅館が次々導入

お客様がぐっすり眠れるように気遣っているところが多い、上質な宿。

そんな中、長野県鹿教湯温泉の旅館「三水館」や、富山県のリゾートホテル「リバーリトリート雅樂倶」、神戸の「有馬温泉 ねぎや陵楓閣」ほか、全国数々の名宿、ホテルの特別室などに石田屋の寝具が採用されています。

03

90年間、布団を作り続けてきた技術力

お客様の注文を受けて作る商品は、すべて自家縫製と自家製造。
大正12年から続く製綿所では、これまで何枚ものふとんを再生してきました。

ふとんや座布団の「わたいれ」には、いい質・いい素材・いい腕が必要で、今ではわた入れの技術を持った職人は少なくなる中、石田屋は製綿所を守り続け、職人の技を受け継いでいます。

04

作るだけではなく、メンテナンスも

羽毛布団のボリュームがなくなってきた、側生地が汚れてきた...。
汚れて古くなった羽毛布団を、もう一度快適に使えるようにするリフォームは、石田屋で購入したものでも、他店で購入したものでもお預かりしています。リフォーム専門スタッフが丁寧に羽毛を取り出し、専用の洗浄機で水洗い。乾燥・殺菌後、傷んだ羽毛やホコリを取り除き、羽毛をよみがえらせます。減った分の羽毛を足して、新しい側生地で仕立てることで、古くなった羽毛布団も清潔で新品同様の羽毛布団に生まれ変わります。

今使っている羽毛布団がどんな状態かを診断する「無料羽毛布団診断」も実施していますので、お気軽にご相談ください。

05

石田屋には「眠りとお布団のスペシャリスト」が在籍

石田屋には、日本睡眠環境学会認定の「睡眠環境診断士」が6名在籍しており、あなたの睡眠について、無料で診断したり、睡眠セミナーを行なっています。世の中で「当たり前」とされている、お布団についての間違った知識や固定概念を「スルッ」と落として、正しい知識に書き換えていただけます。

金沢観光を兼ねて来られる方も多くいらっしゃいます。
寝具を無理にオススメするようなこともありません。安心して、お気軽にご来店ください。

06

安心充実のアフターケア

会社案内

社名 株式会社 石田屋 (いしたや)
石田屋
gamadan
〒921-8152 石川県金沢市高尾三丁目4-1
TEL 076-298-4800 
和座店 〒929-0113 石川県能美市大成町リ56
TEL 0761-55-3737 FAX 0761-55-1197
A・UN店 〒920-8583 石川県金沢市武蔵町15-1 めいてつエムザ8階
TEL 076-260-2627 FAX 076-260-1137
犀川店 〒921-8032 石川県金沢市清川町1-1
TEL 076-280-4800 FAX 076-280-4400
ホームページ http://www.ishitaya.com
E-mail 210@ishitaya.com
創業 1923年(大正12年)7月
設立 1990年6月5日
資本金 6000万円
従業員数 30人(パート・アルバイト含む)
代表取締役社長 田中佳美
主要取引銀行 鶴来信用金庫 野々市支店 北国銀行 粟田支店
関連会社 株式会社ガマダン
株式会社アート・オブ・ペルシャ
一般社団法人日本睡眠デザイン研究所
株式会社金沢アセットマネジメント
古物商許可番号 石川県公安委員会許可 第11232号

業務内容

寝具の製造、卸売、販売
インテリア、服飾品、雑貨の販売
アロマセラピー
化粧品販売
睡眠環境、健康へのアドバイス、ご相談
新築増改築、リフォーム時のご提案、プロデュース

内装リフォーム時のご提案、プロデュース
客室コーディネート(旅館、ホテル等)
飲食店の内装コーディネート、プロデュース
寝室コーディネート
施設、事業所での講演、指導
公共団体等へのボランティア、及びサービス

主要取引先

スリープウェル・カウフマン (オーストリア) / ヘッフェル (オーストリア) / ムースブルガー (オーストリア)
自然の住まい株式会社 (プロナチューラ日本総代理店)
株式会社カネル (ヒュスラーネスト日本総代理店)
グローバル産業株式会社 / 有限会社ジェイスリープ
株式会社シェーンベルグ・マルジュ (LANEROSSI、MARAZOTTO、GLEN SAXON 他)
株式会社布 / 有限会社ファイバーアートステューディオ / 株式会社アバンティ / 有限会社ソリッドデザイン
有限会社デジャブ / 有限会社スプリングバレー / 株式会社丸杉

店舗案内

石田屋の夢は、百年後も、百年企業であること。
その先の百年も、人びとのしあわせになるお手伝いをしていること。
人は、何百年も眠る。人は、何百年もしあわせになりたいと願っている。
人間生活にとって最も大切な"眠り"にたずさわる石田屋には未来永劫やるべきことがある。
石田屋は、いつの時代も社会にとって役立つ企業でありたい。

人びとのしあわせを支えるのは「健康」と「環境」である、と石田屋は考えます。
こころとからだが健康であること。
地球と地域がいい環境であること。
このふたつが"人びとのしあわせ"になるための大前提です。
その大前提のもと"人びとのしあわせ"になるための手段として、「眠る」と「和む」を石田屋は提案します。

"人びとのしあわせ"になるための「眠る」と「和む」を提案するために、まじめに、
ていねいに、思いやりをもってつくられた本物にこだわります。哲学があり、こだわりがあり、
物語がある本物こそ、石田屋が提供する「価値」です。

ほんとうにいいものとそれに紡がれたストーリーを正しく伝え、正義感と使命感に燃える人であることを、
石田屋らしい「ふるまい」と考えます。

石田屋の大前提

しあわせの定義

こころとからだが健康であること。
地球と地域がいい環境であること。
このふたつが"人びとのしあわせ"をつくるための大前提です。

だから私たちは健康と環境にこだわります。

石田屋の使命

眠ることのたいせつさを正しく伝える

「古今東西、眠らない人はいない」という事実が物語っているように、
眠ることは人間生活の中で最もたいせつなことです。
そして、いい眠りは健康としあわせをつくることに必要不可欠なものです。

だから私たちは「いい眠り=いい人生」であることを語りつづけます。

石田屋のスローガン

和みの國のふとん屋

和の国と呼ばれるこの国には、"和む"という独特の文化があります。
その文化を色濃くのこす、数少ない"和みのまち"が金沢です。
石田屋は、和の国の金澤に生まれたふとん屋です。

だから私たちは"和む"という日本オリジナルのリラックス様式を伝承し、金沢を愛します。

石田屋が提供する価値

哲学をこめたもの。物語をつむぐもの

私たちが提供する商品には哲学があります。
こだわりが、物語があります。
ほんとうにいいものを使っていただくために、私たちは単なる物売りではいられません。

だから私たちは商品に紡がれているストーリーの語り部であることを心がけます。

石田屋らしいふるまい

本物しか愛せない、正直なふとん屋

私たちは本物しか愛せない正直者です。
まじめに、ていねいに、思いやりをもってつくられた本物は人びとをしあわせにします。

だから私たちは、 ほんとうにいいものを正義感と使命感をもって正しく伝えます。

1923年(大正12) 初代 久次郎が石川県能美郡根上町(現:能美市大成町)にて
製綿業として創業
地元採集の棉花や中国の原棉から布団綿に加工・販売
1946年(昭和21) 戦後、小売業を開始 二代目代表 田中昭一 三度の店舗移転、拡大
1977年(昭和52) 金沢額店を開業
1990年(平成2) 資本金1000万円にて株式会社石田屋設立
1992年(平成4) 有限会社夢工房設立 製造加工業として事業展開
1995年(平成7) 欧州において品質と安全性で世界一といわれる羽毛メーカー、
ヨハネス・カウフマン(現:スリープウェル・カウフマンGmbH)と取引開始
1998年(平成10) ヨハネス・カウフマン(現:スリープウェル・カウフマンGmbH)より 小売店総括代理業とされる
1999年(平成11) 根上店を全面改装し和座店をオープン
「座る・集う」をテーマとした、現代風の和風空間を実現
2002年(平成14) 名鉄エムザ(現:めいてつ・エムザ)8階にカフェを併設した
A・UN店をオープン
2004年(平成16) 金沢中心部犀川沿いに犀川店をオープン
テーマを「眠りと水との関係」とし、睡眠環境からインテリアまで
トータルコーディネートを提案できるようキッチンやバスも設置
ハンドセラピーやワークショップ等を展開

ドイツ・ローチェの羽毛洗浄機を日本で初めて導入
自社での羽毛リフォームを可能とする
2006年(平成18) 田中和昭 代表取締役社長に就任
2012年(平成24) 田中佳美 代表取締役社長に就任
2015年(平成27) 金沢市郊外の高尾に旗艦店gamadanオープン
「目覚めをデザインする」をテーマとした
体験型ショールームとダイニング、ギャラリー
さらにフラワーショップを併設
2016年(平成28) オフィス機能を金沢市額乙丸より金沢市高尾へ移転
一般社団法人日本睡眠デザイン研究所設立
株式会社ガマダン設立
株式会社金沢アセットマネジメント設立
 

商品一覧を見る

株式会社 石田屋(いしたや)
〒921-8154 
石川県金沢市高尾三丁目4-1 
TEL 076-298-4800

※当サイトに掲載されている全部または一部を無断使用することを禁じます。