Ishitaya

羽毛布団なら大正12年創業布団の石田屋

オーガニックコットン

オーガニックコットン

農薬と枯れ葉剤で作られた綿の怖さ。

今日、オーガニック食品への関心は高まっていますが、身に付ける衣類のオーガニックには関心が低いのが現状です。石田屋は長い間、綿屋としてふとんを作ってきました。1992年の夏、布団作りをしていた当時の石田屋代表が身体を壊して入院しました。それまでもよく「目がチクチクする」「舌がヒリヒリする」とも言っていました。そこから、工場で使う綿に含まれる防ダニの化学薬品が原因の一つではないかと考えはじめました。布団作りでは綿の埃を吸い込みます。手も荒れます。薬品加工された綿は身体に良くないのではと。

そこで薬品加工された綿ではなく、オゾン殺菌をした綿を使い始めてみました。しかし、変化はありませんでした。そこでようやく石田屋は身体に安全な綿を探す決心をしたのです。そのころ手にした書籍には、綿は大量の農薬を使い育てられ、収穫を楽にするために枯葉剤を撒いていると書いてあったのです。

害のない綿を求めて、アメリカテキサス州へ。

まだ衣類でもオーガニックコットンがあまり知られていなかった1998年10月、石田屋は知人のつてをたどり、アメリカ・テキサス州のオーガニックファームを視察しました。アメリカの農務省でオーガニック農家として認定されている、23の農家といろいろ話し合いました。そこで、枯葉剤を撒かないオーガニックコットンの収穫は、綿ができても葉が自然に枯れるまでの3か月以上放置しなければならず、できた綿の3割は捨てることを知りました。テキサス農務省へも訪ね、本物の綿を仕入れることに全力を尽くしました。

こうして石田屋は、日本で初めてオーガニックコットンのふとん綿の生産を始めたのです。石田屋ではふとん綿・側地・シーツ類・ケットなど、オーガニックコットンの製品を数多く取り扱っております。

人に優しい素材は、地球にも優しい。

農薬や科学肥料を使用せず、自然のサイクルに逆らわない方法で育てられているコットン。その農場はアメリカのテキサス州にあります。テキサス州農務省は、世界に先駆けてオーガニックコットンのために基準を制定しました。この厳しい基準をクリアしたコットンだけに、認定マークがつけられます。

1. 農薬や化学肥料が残留していない畑で、有機農法で栽培されること。
2. 生産されたコットンの数量、行き先がすべての段階で把握されていること。
3. 製造工程においても環境にやさしい方法を選ぶこと。

この基準を満たして初めて、形だけでない真実のオーガニックコットンと呼べるのです。

テキサス州では、有機肥料作りのために、牛を飼うことから始めました。農薬を使わないと決めたとき、大切なことは土地を傷めない肥料の開発でした。テキサス州はその原料を、州のもうひとつの重要な産業である牛に決めました。害虫駆除には、害虫の天敵テントウムシが活躍します。 テントウムシはコットンにつく害虫を駆除してくれます。大量のテントウムシをコットン畑に放すことで、殺虫剤は使わなくてもよくなったのです。トウモロコシ畑はテントウムシの住まいです。 コットンより成長が早くて甘い、トウモロコシやマローと呼ばれる雑穀類を植えて害虫を呼び寄せ、テントウムシを増やします。 コットンの花が咲く頃、テントウムシはコットンについた害虫めがけて移動します。トウモロコシやマローは役目を終えると、牛の飼料や有機肥料の材料にまわされます。 テキサスのオーガニックコットン畑では、自然の輪廻がみごとに働くのです。

オーガニックコットンの商品一覧ページはこちら

オンラインショップTOPへ