布団のことなら、大正12年創業石田屋にお任せください。あなたの生活に心地よい快適寝具布団をご提案します。

どんなに高価なお布団でも、自分に合っていなければ不健康になる!?

「良い布団」と聞いて、どんなお布団を想像するでしょうか?

実は、これらは「良い布団」の基準にはなりません。
「良い布団かどうか」は、「自分の体に合っているかどうか」なのです。
どんなにふっかふかでも、どんなに高価でも、どんな有名ブランドのものでも、
自分に合っていなければ、それは「悪い布団」になってしまうのです。

同じ部屋に寝ていても、暑がって掛け布団を蹴飛ばしている人もいれば、
寒くて毛布を追加している人もいるもの。
どんなに高級なお布団でも、その二人が同じ布団で快適に眠れるはずありませんよね。

人はそれぞれ体質が異なり、それぞれに合ったお布団が存在します。
たとえば赤ちゃんとお母さんとでは体温が異なるため、お布団の中の最適な温度も異なるのです。
夫婦も、親子も、それぞれ自分に合った自分専用のお布団で眠ることが、体にとっては一番いい状態なんです。

同じお布団でも、それぞれ体の反応は違う

体の不快な反応を我慢し続けていると
風邪や体調不良の原因に。発育にも影響が。

自分専用のお布団で
眠るのが◎!

「表面体温」と「深部体温」のお話

体温には、表面の体温と体の芯部の体温があります。

「なんだか熱っぽいな」と測る体温は表面のものです。
これが高いと汗をかきやすく、低いと寒がりということになります。

一方、体内の深い場所の温度を「深部体温」といい、
これがいわばその人の真の体温です。
病院などで計ってもらわないと自分では計れないのですが、
これが高いといわゆる暑がりで、低いと冷え性になります。

アイスランディックアイダーダックダウン
掛布団とパワーグースダウン

高級布団の代名詞。アイダーダックの母鳥は卵を羽化させるため自らの羽毛を巣に敷きます。その高い波動、エネルギーをもつ羽毛だけを使ったお布団。使っていくうちに深部体温も上がり、体質改善にも。

アイダーダックダウン羽毛布団

真綿掛布団

日本人が古来から健康寝具として使ってきた真綿布団。通気性、汗の吸収力、保湿性に優れています。「重い」というイメージがあるかもしれませんが、シルクわたのものなら1.5kg程度と実は軽量。

手引き真綿掛け布団

羊毛掛布団

通気性は羽毛布団のなんと3倍近く。暑がりで汗っかきという方に重宝するはず。もちろん、保湿性も十分。トリコットの生地に、リネンのカバーがオススメです。

ヘッフェル ウール掛け布団

株式会社 石田屋(いしたや)
〒921-8154 
石川県金沢市高尾三丁目4-1 
TEL 076-298-4800

※当サイトに掲載されている全部または一部を無断使用することを禁じます。