布団のことなら、大正12年創業石田屋にお任せください。あなたの生活に心地よい快適寝具布団をご提案します。

ジャージやスウェットで寝るのは不眠のもと!

快適な眠りのための服装とは

部屋着 vs パジャマ、あなたはどっち?

あなたは、寝る時に何を着て寝ていますか?
日本では、1950年代に生活の西洋化とともにパジャマやネグリジェが普及し、かつては「お母さんはネグリジェ、お父さんと子どもはパジャマ」というスタイルが定着していました。
ところが最近ではTシャツやスウェットなどでそのまま眠る方が増え、現在は、部屋着とパジャマを兼用している人は65%にも及ぶというデータがあります。

部屋着 vs パジャマ、あなたはどっち?

部屋着とパジャマ、実はこんなに違うんです

スウェットなどの部屋着とパジャマでは、締め付け感やゆったりさが異なります。
スウェットなどの分厚い素材は、寝返りを打ちにくかったり、
しわになったところがさらに分厚くなり、体を圧迫することも。
また、吸湿と放湿がうまく機能せず、寝ている時の汗が蒸れることで
快適さの邪魔になってしまいます。

パジャマの正しい選び方・着方

正しい選び方

きちんと汗を吸い、発散してくれるものを選びましょう。

パジャマと言っても、ナイロンやポリエステルなどの化学繊維のものは汗を吸わないので、NG。シルクや麻などの天然素材のものを選びましょう。

特にシルクは、綿に比べ1.5倍の吸水性があり、放湿性にも優れているので、
夏の暑い時に汗をかいても体全体を冷えから守り、
冬は繊維の隙間にも熱を保持するので、冷えにくいといわれます。
また、シルクは肌に近い素材で、必要な湿度を保つ効果もあるので
乾燥する寒い冬にもぴったりの素材です。

正しい着方

眠る直前に着替えましょう。

家に帰ったらすぐパジャマに着替えるのではなく、
眠る直前に着替えることで、体と寝具を清潔に保ちます。

また、パジャマに着替えることは、「あとはもう眠るだけ」という
スイッチの切り替えとしての意味もあり、スムーズな寝付きへとつながります。
パジャマに着替えて、お布団の中へ。眠りの深さと質が変わりますよ。

株式会社 石田屋(いしたや)
〒921-8154 
石川県金沢市高尾三丁目4-1 
TEL 076-298-4800

※当サイトに掲載されている全部または一部を無断使用することを禁じます。