Ishitaya

布団のことなら、大正12年創業石田屋にお任せください。あなたの生活に心地よい快適寝具布団をご提案します。

どんな枕を使っても合わない
本当の原因

ぴったり合った枕が見つからないのはどうして?

起きた時、なんだか首が痛い。
枕、変えたいなあ。

肩こりがひどくて、
寝ても寝ても疲れがとれない。
良い枕、ほしいなあ

多くの人々が、良い枕との出会いを求めています。
実際に「ぴったりの枕が見つからない」というお悩みは、石田屋にも多く寄せられています。
首や肩・腰の痛みは、自覚はなくても、枕に原因があることが多く、枕は眠りの重要なポイントなのです。

でも、ぴったりの枕が見つからないその本当の原因は、「枕探し」をしてしまっていることにあります。

「オーダーメイド枕」の落とし穴!

この計り方、実はNG!

オーダーメイド枕を、こんなふうに計っているのを見たことはありませんか?立ったまま、あるいは座った状態で、首の高さ、頭(後頭部)の高さ、横寝の高さ(耳の高さの頬から肩まで)を計り、自分のサイズに合わせた枕が完成します。
でも実は、この計測方法で枕を作ると体に負担がかかる枕になってしまうんです。

立ち姿勢と寝姿勢では、体への重力のかかり方が違います。

よく、立っている姿勢と同じカーブで眠るのが良いと言われますが、立っている時と寝ている時では、決定的な違いがあります。

立っている時は筋肉が締まっているのに対し、寝ている時は、筋肉がゆるんで、
弛緩した状態になります。なので立ってカーブを計っても、ズレが生じるのです。
横になりリラックスした状態で、上向きと横向きの姿勢を見る必要があります。

枕良ければ全てよし?

じつは、枕だけが原因じゃないかも

枕を探すことだけに一生懸命にならないでください。
実は「いい枕に出会えていない」と思っていても「いい敷き布団に出会えていない」場合が多いのです。
「枕」単体ではなく「枕」と「敷き布団」、両方のバランスが大切です。
敷き布団を見直すことで「枕が原因だと思ってたけど、敷き布団やベッドマットを変えたら肩こりが解消し、<
首筋がすっきりした」という方や、眠りの浅さ・首・腰の痛みなどのお悩みが解消する方もいます。

枕と敷き布団、
両方のバランスが大切です。

枕を探すことだけに一生懸命にならないでください。
実は「いい枕に出会えていない」と思っていても「いい敷き布団に出会えていない」場合が多いのです。

リラックスした状態で、お布団に横になり、全体の寝姿勢を見たうえで、一番いい枕・敷き布団を選ぶ必要があります。

じゃあ、どうすればいいの?

石田屋にお越だしいたくのが、
一番手っ取り早い解決方法です。

石田屋に在籍する、日本睡眠協会日本睡眠協会認定の睡眠診断士かコーディネーター※が、全体の寝姿勢をチェックします。
眠りの専門家ですから、適格に、あなたに合った枕の高さ・硬さ、
そして、敷き布団の高さ・硬さを割り出します。

※現在、石田屋には、日本睡眠協会認定の睡眠診断士が2名、コーディネーターは4名在籍しています。

正しい調整の仕方で、あなたにピッタリの「オーダーメイド枕」作ります。

頭や首、そして実際にお使いいただいている敷き寝具に合わせて枕を選ぶことが大切。睡眠診断士がお客様1人1人の寝姿勢をチェックし、あなたの睡眠環境に合わせた枕選びのお手伝いをさせていただきます。オリジナルの枕は、中身の素材や組み合わせ方を選べ、高さを細かく調節できます。

ご自宅の布団で試してもらい、ぴったりこなかった場合、ご購入後1年以内は何度でも調整していただくことができます。

枕と敷き布団、両方のバランスをトータルで判断し、スタッフがアドバイスします。

大切なのは、枕と敷き布団のバランスを考えることです。
どんな枕がいいのか?どんなふとんと組み合わせるのがいいのか? 石田屋なら、トータルのバランスを見て、最適な寝具をご提案いたします。
毎月、お店にて無料の「睡眠診断会」を開催していますので、何か寝具に疑問がある方は、是非お気軽にお越し下さい。