布団のことなら、大正12年創業石田屋にお任せください。あなたの生活に心地よい快適寝具布団をご提案します。

極めて優れた保温力と軽さが特徴のアイダーダックダウン。
世界で年間にわずか3,000kg(布団にすると約3,000枚分)しか
採取できない、希少な天然ナチュラル羽毛です。

良い品を長く使うという考えが根底にあるヨーロッパで、代々受け継がれる布団として、
唯一認められているのがこのアイダーダックの羽毛布団。
大切にお手入れすることにより、親子三代にわたって使うことのできる
究極の掛け布団なのです。

「本物」を知る人だけが、最後に行き着くお布団

「空気で体を覆う」ような、極上の寝心地。
冬でも体の芯からぽかぽか!なのに、
夏でも蒸れずに快適。

羽毛のひとつひとつはわりと小ぶりですが、そのパワーは格別です。羽毛の繊維がからんで、中の空気を閉じ込め、熱を逃がしません。軽量なのにとっても温かく、布団の重みで体に負担をかけたり、首周りが高くないので、心地良く質の高い良い睡眠が得られます。
とても軽量で暖かなので、ヒマラヤ登山のダウンジャケットなどにも使われています。

世界が認める、キング・オブ・ダウン。
ヨーロッパの王侯貴族や、歴代のローマ法王も
使用してきた最高の寝具

アイダーダックの母鳥は、極寒の地で卵を暖めるために自らの胸の綿毛(ダウン)を用いて、羽毛のベッドとも言えるような巣を作ります。その巣からいただいた羽毛で作られた布団は、最高級の寝具として珍鳥され、ヨーロッパの王侯貴族や歴代のローマ法王の寝具として使われてきました。

世界で年間わずか3,000枚。
徹底管理のもと生産される、稀少なお布団

現在、羽毛の採取方法は厳格に制限されており、ひな鳥が巣立った後に、許可を持つアイダーファーマーだけが、巣からそっと、ほんのわずかな量(1つの巣から20g以内)だけを採取することしか許されていません。
1つ1つの巣を周り、手作業で回収した羽毛で作るお布団は、世界で数えても年間わずか3,000枚しか生産されません。

お客様の声

お布団に本気の石田屋だからできること。

トップクオリティのアイダーダックダウンの
取り扱いを許可されている、
カウフマン社の「本物」のダウン

石田屋が取り扱っているアイダーダックダウンは、気温や天候の変化が最も激しいアイスランド西北部の海岸に生息する、高い保温力と優れた調湿機能、驚くほどの軽さを誇る「カウフマン社」の本物です。

アイダーダックはアイスランドで国際保護鳥に認定されており、年間に採取してもよい羽毛の量は3t以内(一つの巣から20g以内)と定められています。
その中でもトップクオリティのものは800kg程度しかないといわれ、超高品質なアイダーダウンを優先的に取り扱う権利を所有し、500kgをおさえているのが羽毛精製の老舗として知られるカウフマン社。
徹底したクオリティ管理で「真のアイダーダウン」と呼べる品質なのです。

※石田屋のカウフマン羽毛布団 品質保証について

どんな手間も惜しまず、こだわりにこだわりぬいた逸品

石田屋では、布団の側生地に白無地の薄手の布を使用しています。
白無地を使用するのは、羽毛が透けて見えたとしても、汚れなどもなく全く問題ないという本物の証。薄手の生地にこだわるのは、空気の通りを出来るだけよくしたいからです。

すけて黒っぽい茶色に見え、量が少なく温かいのが、アイダーダックの羽毛布団。アイダーダックは国の法律で管理されており、年間3トン、お布団にして3,000枚程度しか作れません。しかし実際に1年間に日本で販売されているのは20,000枚と言われています。これは高額な商品なだけに、いわゆるニセモノも多いということです。石田屋のお布団に使用しているアイダーダックの羽毛は現地に買い付けにいき、その品質を確かめています。さらに、羽毛布団に使用する前段階での処理に、化学薬品を使用していないことも確認しています。

石田屋では、アイダーダックのこの優れた品質を損なわないように、ダウンは機械で吹き込むのではなく、専門の職人が手作業で一枚一枚、丁寧に布団の隅々まで入れていきます。側地は、細番手の柔らかなジャカード織りを採用。吸い付くようなフォット感で、暖かさを逃がしません。キルトは、通常の800グラム仕立ての場合で54マス。ひとつひとつのマス目に手作業でアイダーダックダウンを入れていきます。こうして、フィット性が高く、包み込まれるような安心感のある究極の寝心地を味わえる羽毛布団が完成します。

インタビュー

アイダー歴20年という村上さんは、若いことから布団に関心が高く、50年以上前から羽毛布団を使用してきたといいます。プロの登山家などが使う最高の羽毛「アイダー」については本で読んで知っていたということもあり、石田屋でアイダーと巡り会ったときには、すぐ購入を決めたのだとか。

「毎日使うものだし、使っている時間も長いから、使用時間の単価は車より安いですよ。子どもには私が死んでもアイダーだけは捨てないで使って、と言っているほど(笑)。私は寒がりで寝室は北向きなんですが、アイダーは軽くて、体にしっとりまとわりつくような感じで、冬は暖かく眠れるし、夏も蒸れることがないです」との惚れ込みよう。アイダーは蒸れないため、汚れ知らずで、へたることもないと村上さんは付け加えます。

さすが20年来の愛用者、説得力があります。自分にとって必要なものと不必要なものを見極める審美眼は布団だけではなく、生活全般にも向けられているようで、すっきりとした住まいとその暮らしぶりの中には、本物を選び、長く愛用することによって得られる豊かさがあふれていました。

あなたにピッタリのふとんや枕、診断します。 「無料睡眠診断会」に参加してみませんか?

「眠りのプロフェッショナル」が
あなたの眠りを、無料で診断いたします。

石田屋のお布団に寝ながら、あなたにピッタリの寝具をアドバイスします。
夜になかなか寝付けない、朝起きると、なぜか体が痛い…。などのお悩みをお持ちの方も、ぜひお越しください。
「眠りのプロフェッショナル」が、あなたの眠りに関するお悩みを解消します!

株式会社 石田屋(いしたや)
〒921-8154 
石川県金沢市高尾三丁目4-1 
TEL 076-298-4800

※当サイトに掲載されている全部または一部を無断使用することを禁じます。