Ishitaya

汗をかいてもお肌さらさら、呼吸するウール。

汗をかいてもお肌さらさら、呼吸するウール。

眠っているときの「汗」の量は、スゴイ!

汗を吸収・発散してくれるお布団を選びましょう

人間は、一晩で少なくとも約200cc(コップ1杯分)の汗をかき、体熱を発散しています。
そして、室温30度以上の暑い夏の日には、なんと、その倍で、約400cc(コップ2杯分)もの汗をかいているのです。

 

寝ている間に、きちんと汗を吸収・放湿してくれるお布団じゃないと、快適な睡眠は得られません。

じゃあ、どんな素材がいいの?

キーワードは「呼吸」。ウールは汗をすばやく吸収・放湿してくれる、最高の素材です

ナイロンやポリエステルなどの化学繊維は、汗を吸収せず、方湿もしません。
睡眠中にかいた汗がお布団の中にこもり、蒸れやすくなります。

 

綿も悪くはありませんが、最も寝具に適しているのは、ウールです。
ウールの繊維は表面がうろこ状になっていて、それが開いたり閉じたり、人間と同調して呼吸をします。
すばやく湿気(=汗)を吸収し、大気に放ってくれるので、いつもお肌はさらさらなのです。

キーワードは「呼吸」!(汗を吸収・放湿)

化学繊維
(ボリエステルなど)
汗を吸収も放湿もしない。
ムレて不怏→睡眠の質が下がる
悪くはないが、汗の吸収・放湿に時間がかかる
ウール 汗をすぐに吸収・放湿するのでお肌さらさら。

でも、ウールだからって安心できません…!

日本に流通しているウール布団の半分以上は正しく「呼吸」できていないのです。

じつは、日本で普及しているウール布団の半分以上は、ウール布団とは言えないほど、質が良くないものなんです。
例えば、以下のようなものがあります。

1.

ウールそのものの質が、良くないものを使っている

クリンプ(縮れ)のないウールは、保湿性や弾力性が低く、ウールならではの快適さが得られません。

2.

目の詰まった側生地で覆っている(=「シープルーフ加工」)

質の悪いウールは側生地から吹き出しやすいため、目の詰まった側生地で覆ってしまいます。
すると、通気性が悪くなり、中綿の呼吸を妨げてしまいます。

3.

ウールの命である「ウロコ」をころしてしまう
(ウールに樹脂加工したり、ウロコを取ってしまったりする = 「ウォッシャブルウール」)

わざわざ、本来ウールの持つ素晴らしい特性を阻害して
お布団の呼吸を妨げてしまいます。

本当に良いウール」がもたらす効果

睡眠中に大量の汗をかいてもきちんと温度調節してくれる

上記でもお伝えした通り、表面のウロコがきちんと機能してウールが「呼吸」をすることで、睡眠中の汗をすばやく吸収・放湿してくれます。お布団の中が蒸れずに、いつもお肌さらさらです。

冬あたたかく、夏すずしい!

湿気を吸収すると、吸着熱を発生します(=冬あたたかい)。
また、水分を大気に放つ際に、気化熱を奪います(=夏すずしい)。

このように、ウールは、寝具にバッチリ適した性質を持っていて、一年中使える、とても優秀な素材なのです。