Ishitaya

『ダイアログ・イン・ザ・ダーク ショーケース@金沢 21 世紀美術館』に特別協賛しています。

『ダイアログ・イン・ザ・ダーク ショーケース@金沢 21 世紀美術館』に特別協賛しています。

Want create site? Find Free WordPress Themes and plugins.
 ダイアログ・イン・ザ・ダークとは?

 

暗闇の中の対話。

鳥のさえずり、遠くのせせらぎ、土の匂い、森の体温。水の質感。

足元の葉と葉のこすれる枯れた音、その葉を踏みつぶす感触。

仲間の声、乾杯のグラスの音。

暗闇のあたたかさ。

 

ダイアログ・イン・ザ・ダークは、
暗闇のソーシャルエンターテインメントです。

参加者は完全に光を遮断した空間の中へ、グループを組んで入り、
暗闇のエキスパートである視覚障がい者のアテンドにより、中を探検し、
様々なシーンを体験します。

その過程で視覚以外の様々な感覚の可能性と心地よさに気づき、
コミュニケーションの大切さ、人のあたたかさなどを思い出します。

 

1988年、ドイツの哲学博士アンドレアス・ハイネッケの発案によって生まれた
ダイアログ・イン・ザ・ダークは、これまで世界41カ国以上で開催され、
800万人を超える人々が体験。
何千人もの視覚障がい者のアテンド、ファシリテーターを雇用してきました。

日本では、1999年11月の初開催以降、東京・外苑前会場(2009年〜2017年8月末まで常設)と、
大阪「対話のある家」を中心に開催、これまで21万人以上が体験しています。

また、2010年からは、チームビルディング、コミュニケーション促進などの企業研修
(ビジネスワークショップ)としても利用され500社以上が導入。
日本唯一の暗闇研修としても注目されています。

北陸初開催となる今回は、「暗闇で感じる工芸」と題し、伝統を未来につなげ
世界に開く金沢21世紀美術館ならではのオリジナルコンテンツをご用意されました。

視覚以外の感覚を研ぎ澄まし、金沢ゆかりの伝統工芸に触れることで、
今も息づく日本文化の新たな魅力を発見し、より深く感じていただきます。

なお、本プロジェクトは東アジア文化都市2018金沢市民連携特別事業の一環として
行われています。ぜひご参加ください。

 

石田屋は、天然素材の寝具と睡眠環境を通して、心と身体がくつろぎ、その日の疲れを癒すことでリセットされると考えます。
毎日の「心地よい」を感じる、やすらぎと上質な世界。そうした時間は身体を癒すだけではなく、心まで豊かにします。
その上質な快適さは、五感をフルに使って知覚するもの。
身体の声に耳をかたむけ、気付づかないうちに動いてゆく自然と調和し、寄り添い、おおらかに受け入れる。
先入観を捨てて、自分の感性の「心地よい」を信じられることは、心と身体が健康であるしるしです。
感覚と人の繋がりやあたたかさを再発見する「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」初の北陸開催にご協力できることを、光栄に思います。

株式会社石田屋 代表取締役社長 田中佳美

 

※協賛特別ご招待の受付は10月5日をもって終了いたしました。


 

Did you find apk for android? You can find new Free Android Games and apps.