敷布団

Want create site? Find Free WordPress Themes and plugins.

敷布団でも、理想の寝姿勢と快適な睡眠を実現できます。

昔ながらの敷布団も、石田屋なら種類がさまざま。プロファイル形状によって沢山のポイントで体を支える敷布団、吸湿性と放湿性を確保した何層にも分かれた敷布団、綿打ち職人の技術で手作りする敷布団など、疲れをとり、ぐっすり眠れる敷布団を豊富にご用意しております。さらに、敷きパッドやウッドスプリングといったアイテムと組み合わせることで、さまざまな方に最適な寝心地を実現します。簡単に、敷布団を選ぶポイントをご紹介します。

ご自宅のお布団で仰向けに寝た時に、腰の隙間に手が入るなら。自分の体にとってその敷布団が固すぎる証拠です。体は、まっすぐな板ではありません。お尻は出ていて、ウエストはへこんでいて、肩甲骨は出ていて、凹凸がありますよね。固い敷布団で寝ると、背中とお尻で体重を支えて寝ているのです。うっ血もするし、浮いたままの腰は一晩中緊張したまま。そうなると、腰を楽にするために無意識に横を向いたり、膝を立てたりするんです。床で長時間寝ることはできないですよね。それと同じことが起きているのです。また、寝返りが多くなると熟睡できず、横向きで寝る時間が長くなります。すると、固いお布団と肩とが圧迫されて、血液の流れが悪くなり、肩こりの原因になります。

腰痛の方でも、固い敷布団で寝るのは、根本的な解決になっていません。横向きに寝たときに、背骨がまっすぐ水平になっていなければ、その敷き寝具は体に合っていません。昔からの日本の敷布団1枚では、なかなか難しいかもしれません。だからこそ、厚みがあってクッション性のある敷きパッドがあるのです。敷布団と体との隙間を埋めることで、体重が均等にかかり、疲れる箇所がなくなります。そしてもちろん、敷きパッドが良いものであれば敷布団は何でも良いかというと、そうではありません。

石田屋には、様さまざまなタイプの敷布団をご用意しております。体型や体質、それから、実際に寝た時のお好みも十人十色。単品で、または複数のアイテムを組み合わせることで、ひとりひとりの理想の寝姿勢や寝心地をつくり出せます。商品によって特長が異なりますので、商品ページにてぜひ、お好みのものを見つけてみてください。もしも、どれを選べば良いのか迷われた方は、お気軽に石田屋までお問い合わせくださいませ。

→敷布団一覧ページへ

Did you find apk for android? You can find new Free Android Games and apps.