Want create site? Find Free WordPress Themes and plugins.

あなたにぴったりの枕をお作りします。

体に合うこと、そして敷き寝具との組み合わせ方。

「自分にぴったりの枕となかなか出会えない」というお悩みをお持ちではありませんか。あるいは、特に不具合がないので実は体に合っていない枕なのだけれど使い続けている方も意外と多いのではないかと石田屋は考えています。羽毛布団を選びにきて、ついでに枕を試してみると、目から鱗という方が多いのです。

自分に合った枕を選ぶには、頭や首、そして、実際にお使いいただいている敷き寝具に合わせて選ぶことが大切。石田屋の枕は、中に詰める素材を選べ、ご自分のお好みに合わせて調整できます。また、さまざまなパーツを組み合わせることで、よりきめ細かな調節や、敷き寝具との相性、固めが好きか柔らかめが好きか、といったところまで調節できます。

起きた時に「首が痛い」「腰が痛い」「肩がこっている」などの問題は自覚はなくても、枕に原因があることが多く、枕は眠りの重要なポイント。石田屋では、睡眠のプロによるカウンセリングによって基本的なところを把握していただき、お好みの固さや柔らかさの素材をお選びいただきます。オーダーで枕をお作りしています。ご自宅の布団で試してもらい、しっくりこなかった場合は何度でもいたします。オンラインショップでも販売していますが、実際にお店に来られて選ばれる方も多くいらっしゃいます。石田屋オリジナルのスリーピースピローは、ご自身で中身の量を調節できます。遠方の方は、お悩みをお伝えください。

体に合った枕は、意外と低い。

現在のマットレスで寝るスタイルにおける枕の高さは、3~5cmあれば充分です。かつての固い敷布団であれば、肩が沈まないぶん枕を高くしなければなりませんでした。そのため、枕単体での見た目が既に確立されているとも言え、高すぎる枕を使われている方が多いのです。高さが合わない枕は首が疲れます。呼吸にも影響があります。知らず知らずのうちに腰に負担がかかっている場合もあります。

何年使えるなら、良い枕なのか。

枕は、3年くらいで一度見直すのが良いです。枕のヘタリや、汚れ具合を点検しましょう。枕だけではなく敷き寝具も新品の頃の弾力が失われている場合もあります。人も歳を取って、体型や体調そして筋力も変わります。長持ちするしないではなく、大丈夫かどうかを見直すということです。石田屋の枕は、中身を洗濯したり、新しく中身を入れ替えたり、高さを調節したりすることで、メンテナンスしながら長くお使いいただけます。

→枕一覧ページへ

Did you find apk for android? You can find new Free Android Games and apps.