Ishitaya

布団のことなら、大正12年創業石田屋にお任せください。あなたの生活に心地よい快適寝具布団をご提案します。

まさかマットレスだけで
寝ていませんよね!?

敷きパッドは、ただの汚れ防止シートだと思っていませんか?
パッドの役割は、それだけではありません。
体とマットレスの隙間をうめ、より体にフィットさせ、クッション性を持たせ、通気性を確保し、温度と湿度を適切に保ち、健康で快適な眠りを実現するものなのです。どんな枕も合わない方や、目覚めたときに腰が痛い方はもちろん、寝具に問題はないと思っている方も、違いを実感するでしょう。
敷きパッドにはこんな
結果があります
機能
  • 吸湿性
  • 放湿性
  • クッション性
  • 体圧分散
  • 防汚生
効果
  • 蒸れずにさらさら
  • 温度を快適に保つ
  • 体が痛くならない
    枕にもフィット
  • 疲れない
  • マットレスが長持ちする
これらが実現するのは
  • 厚みがある
  • 天然素材
  • の敷きパットです。
より体にフィットするから、
体圧分散でき、寝姿勢が良くなる。
あお向けに寝たとき、腰に隙間はありませんか。横向きに寝たとき、背骨が曲がっていませんか。それでは、疲れをとるための睡眠が、不健康。隙間なくフィットすることが、敷き寝具では何よりも重要。クッション性のあるパッドが体とマットレスの間にあれば、均等に体重を支えます。体が沈むのではなく、体全体を支える。それが、正しい敷き寝具なのです。

体圧分散を謳う寝具は沢山あります。でも、果たしてそれが、どれくらい体圧分散できているのか。ぜひ一度、ご家族同士でチェックしてみてください。また、どんな枕も合わないという方は、敷き寝具に問題のある場合が見受けられます。パッドで隙間をうめて全体で支えることを意識してみると良いでしょう。
マットレスにカバーだけ、あるいは
薄いシートのような敷きパッドだと…
厚みのある天然素材の
敷きパッドがあれば…
※概念図です
天然素材で、厚みがあるからこそ、
年中いつでも快適。
硬めのマットレスにシーツだけ、あるいは薄いシートのようなパッドでは、お尻や肩を中心に、体と敷き寝具が密着します。柔らかすぎるマットレスだと、なおさら湿気の逃げ場がありません。天然素材は、素材自体が吸湿性と放湿性に優れています。だから、汗を吸収して放出します。さらに、たっぷり詰まって厚みがあれば、空気の層ができて通気性を確保。夏はさらさら、冬は暖か。冬の汗冷えや夏の蒸れとは無縁。さらに、羊毛や麻は汚れがつきにくくニオイを分解する、素晴らしい素材でもあるのです。
マットレスや敷布団を清潔に保ちます。
シートのような薄いパッドでは、長く使っているうちに汚れが裏へ広がり浸透していきます。ある調査によると、長年使用したマットレスや敷布団は、トイレよりも汚れているそうです。マットレスの汚れを防ぐためにも、厚みのある敷きパッドが有効。マットレスを長くご愛用いただくなら、敷きパッドは必須なのです。
化繊や石油製品だと、通気性をもたせたものは汗が下へ落ちてマットレスが汚れ、隙間のないシートは汗がどこへも行かずに蒸れます。また、耐久性も劣ります。
石田屋の敷きパッドは、健康で長く使える天然素材100%だけ。
天然素材が持つ素晴らしい特性を知り尽くす私たち石田屋の敷きパッド。
羊毛、ムートン、馬毛、麻、シルク、天然ゴム、どれもがおすすめです。