布団のことなら、大正12年創業石田屋にお任せください。あなたの生活に心地よい快適寝具布団をご提案します。

万能素材「麻」の洗える寝具は
蒸れ知らずで清潔!気持ちいい!

寝苦しく、汗とニオイが気になる夏には、
柔らかくさらっと清涼感に満ちた肌触りの麻寝具はおすすめ。
ご家庭でまるごと洗えます!

同じ天然素材の綿と麻を比べると、麻の万能性が際立ちます。
綿は、湿気(汗)を吸いますが、干さないと発散しません。
麻は、湿気(汗)を吸いますが、同時に発散もします。
綿は、汚れが繊維の中に浸透しやすいので、ニオイもつきやすい。
麻は、汚れが表面にとどまり、ニオイがつきにくく、汚れも洗濯で落ちやすいです。

これを寝具で考えると、寝汗を吸って、発散するので蒸れにくい。汗のニオイと汚れが
つきにくいということになります。

お布団の中の湿度が高いと、蒸れを感じ、寝苦しくなります。
麻のふとんは上手に蒸れを解消し、お手入れ簡単で、清潔さと快眠の
両方をかなえてくれます。

麻の歴史は綿よりも古く、昔から衣類やその他、日用品に利用され親しまれてきました。
熱伝導率がたかく、体から熱を奪い、奪った熱を放す力もあるので、常に温度を低く保ってくれます。
清涼感のある使い心地は夏に最適。昔ながら「夏に麻を使う」という習慣を大切に、石田屋はとことんこだわり続けます。

  • 吸収性は綿の4倍!冷涼感があり、
    ヒンヤリとした肌触りで、
    睡眠時の汗もすばやく吸い取ります。
  • 放湿性が高いので、
    乾きやすく、汗でべとつきません。
  • 肌に密着せず、蒸れにくいので、
    さらっとした肌触り。
  • 麻に含まれる天然のペクチンには、
    汚れをはじく性質があります。
  • 天然繊維の中で、もっとも丈夫と
    言われています。
    また、水に濡れるとより強くなる
    性質を持つので、洗濯に耐えます。
  • ホコリがでにくく、グラスなどを
    拭いても繊維の毛羽が残りません。

枕パッド、敷きパッド、肌掛け布団、ケット、掛け・敷・枕カバーまで、麻寝具一式が石田屋で揃います。その全てが洗濯でき、気持ちよく清潔にお使いいただけます。

一般的に麻は「ごわごわしている」、「シワになりやすい」、「かたい」などのイメージがあると思います。しかし石田屋の麻布団は表生地をリネン麻の非常に細い糸でガーゼ状に織ってあるので、軽くて柔らかく、肌触りがとても気持ちいいです。

洗濯される際は、長く大切にお使いいただく為、洗濯ネットにいれ、ふとん単体で洗濯ください。デリケート洗いをオススメします。節水モードなどは避け、たっぷりの水量で洗濯してください。ドラム式洗濯機の場合は生地が傷む恐れがありますのでご注意ください。

「麻」と一言で言っても、麻には色々な種類があります。
リネン(亜麻)・ラミー(苧麻)・ヘンプ(大麻)・ジュート(黄麻)・マニラ麻......などなど。
これらは産地も違えば科も違う、つまり全く別の植物なのですが
繊維として利用するという点から、「麻」という一括りで呼ばれているのです。
しかし、現在日本国内に流通する布の中で「麻」と表記できるのは
リネン(亜麻)とラミー(苧麻)に限られています。
(経済産業省「家庭用品品質表示法」による)
石田屋で扱う「麻」もリネン(亜麻)とラミー(苧麻)の2種類。

リネン(亜麻) とは
ヨーロッパで古くから服地やシーツ、キッチン周りのファブリックとして使用されてきました。
ラミー(苧麻)に比べて柔らかくてなめらかな感触なのが特徴。

ラミー(苧麻)とは
日本を始め、アジアで多く利用されてきました。
リネン(亜麻)に比べ、シャリ感が強くやや堅めですが、肌に密着せず涼やかなのが特徴。小千谷縮や近江縮、着物に使われる上布もこのラミー(苧麻)で出来ています。

私は麻の肌掛け布団が大好きです。
サラッとしていて肌にペタッとしないのでとっても気持がいいです。
タオルケットのように体にまとわりつかないので動きやすいし、風通しが良いので、夏は涼しい!お家で洗濯できるのも嬉しいです。湿気を持ちにくいので、冬でも冷んやりしません。年中、使える麻の肌掛け布団です。

お仕立ての商品は、約2週間の納期を頂いております。
詳しくはお問い合わせくださいませ。

株式会社 石田屋(いしたや)
〒921-8154 
石川県金沢市高尾三丁目4-1 
TEL 076-298-4800

※当サイトに掲載されている全部または一部を無断使用することを禁じます。