Ishitaya

羽毛布団なら大正12年創業布団の石田屋

おすすめ 冬用 春秋用 夏用

アンゴラ毛布 グレンサクソン

素材  : 毛100%(ラムウール75%・アンゴラ25%)
サイズ : 140×200cm
生地  : ドイツ製
縫製  : 日本
出荷日 : 約3〜4日

販売価格 152000円(税別)

購入数
価格見直しました

商品入れ替えの為、販売価格を168,000円から152,000円に変更いたしました。

在庫数量残りわずかです。

アンゴラの暖かさはウールの7倍。

セーターでおなじみのアンゴラ。 肌ざわりが良い理由は、毛の長さが12センチから15センチと非常に長いから。細さも12ミクロンから15ミクロンと、とても細いのが特長。それだけ細いのに、繊維は中が空洞(中空)になっているので、軽く暖かいのです。ウールに特徴的なクリンプ(縮れ)がないため、滑らかな手触り。毛羽が空気を含んで盛り上がるので、ふわっとした感触です。 滑らかなのに、さらっとしていて、ふわっとしている、そんなアンゴラ。暖かさはウールの7倍と言われています。

ドイツ・グレンサクソンの生地を使った、贅沢な一枚。

石田屋オリジナルのアンゴラ毛布。軽くて暖かく、肌ざわりも抜群のアンゴラとラムウール。落ち着いた色はヨーロッパならでは。真冬はもちろん、春先まで使えるブランケット。ラムウールだけでも毛布として十二分なのに、アンゴラを25%と贅沢に使った、グレンサクソンの生地。石田屋ではこの生地を本国ドイツから仕入れ、一枚一枚丁寧に仕立てています。

薄手で柔らかく、体との間に隙間ができません。また、水をはじく性質を持ちながら、湿気を吸収する性質も持っています。天然素材のすばらしさを実感できる1枚。