寝苦しく暑い夜を快適にする、ひんやりと涼しいリネンの寝具。

湿度が高く寝苦しい夜にはリネンの寝具がおすすめです。梅雨の時期から使い始めると湿気が布団にこもらずにスッキリとするので、不快感から眠りが浅くなったりすることがなく睡眠がしっかりととれます。リネンは身体から熱を吸収し素早く放出するという天然素材ならではの特長があります。さらっとした肌触りで朝まで涼しい天然の寝具で夏を涼しくお過ごしいただけます。
こんな方におすすめ、リネンの寝具。
  • 夏の夜は暑苦しくてなかなか寝つけない。
  • 寝ているときの汗とそのニオイが気になる。
  • 夏に寝具が身体にまとわりつくのが苦手。
  • 手入れが簡単で家で洗える寝具がいい。

ISHITAYAのリネン・麻の寝具

リネンといってもそのクオリティには色いろあります。ISHITAYAでは、軽いリネン生地を掛け布団やケットに仕立て、敷きパッドは中わたの量を平米200gと厚くすることで調湿効果を高めてムレ感を抑えます。掛け布団も敷き布団もどちらもより快適に眠れるように素材のクオリティと特長を吟味して寝具づくりをしています。

  • フランスリネンの朝まで涼しいやわらかガーゼケット
  • フランスリネンの朝まで涼しいやわらか肌掛け布団
  • フランスリネンの朝まで涼しいひんやりまくらパッド     
  • フランスリネンの朝まで涼しいひんやり敷きパッド    
  • フランスリネンの朝まで涼しい洗える寝具一式セット
  • フランスリネンのやわらか楊柳ガーゼケット
  • イタリアンリネンの掛け布団カバー、ボックスシーツ、ピロケースなど
  • ヨーロッパリネンのやわらかワッフルケット
  • ヨーロッパリネンのさらさらパイルケットベージュ
  • ヨーロッパリネンのさらさらパイルケットグレー
  • イタリアンリネンコットンの手引き真綿肌掛け布団300
  • イタリアンリネンの涼しいバンブー肌掛け布団

天然素材のリネン(麻)

汗をすぐに吸収し、いつでもさらさら。夏はもちろん、冬でも快適なのは吸収・速乾性に優れ、余分な汗をためこまないから。ソフトでなめらかな肌触りのヨーロッパリネンは、抗菌・防虫・防臭性を備え、一年中清潔にお使いいただけます。使い込むほどに柔らかくしなやかに馴染み、丈夫で長持ち。シーツ・ピローケース・コンフォーターケースなど、用途に合わせて糸番手や織り方の違うリネンの質感をお楽しみください。

リネン(麻)が寝具に使われる理由
1.水分(汗)をよく吸う 吸湿性は綿の4倍。睡眠時の汗も素早く吸収。
2.すぐ乾く 放湿性が高いので、乾きやすく、べたつきません。
3.通気性に優れている 肌に密着せず、蒸れにくく、さらりとした肌触り。
4.汚れがつきにくい リネンに含まれる天然のペクチンが汚れをはじきます。
5.生地が丈夫 天然植物繊維の中で最も丈夫と言われています。
6.毛羽立たない 洗濯すると毛羽立ちが落ち着くので、グラス拭きに使われているように埃が出にくいです。

オールシーズン使える便利な素材。

石田屋なら麻100%の寝具が一式揃います。

枕パッド、敷きパッド、肌掛け布団、ガーゼケット、そしてカバー類。 石田屋なら、ヨーロッパの上質なリネンで寝具を一式揃えられます。中わたが入っているアイテムは、全て中わたも麻100%です。だからこそ、ほんとうに真夏でも快適。しかも、すべてご家庭で洗濯できます。

麻のイメージをくつがえす柔らかな肌触り。

麻というと「シャリッとしている」「ごわごわしている」「固い」というイメージをお持ちの方も多いかもしれません。 でもそれは、麻の中でもラミーという種類。石田屋の麻アイテムは、ヨーロッパの上質なリネン。イメージをくつがえす滑らかさ。とても気持ち良い肌触りです。

冬でもシーツはリネンがおすすめ。

蒸し暑い日本の真夏に最適な麻。蒸れずにさらさらということは、真冬にもおすすめ。寒い冬でも、私たちは一晩にコップ1杯ぶんの汗を出しています。その水分が布団の中に留まったままだと、室温が最も低くなる明け方ごろに、汗冷えしてしまいます。不思議な話ですが、ひんやりとした感触を避けるためにも麻は有効なのです。
 

この夏おすすめ  イタリアンリネンコットンの手引き真綿肌掛け布団300

シルクの中わたは300g充填タイプ、側生地はイタリア製の軽量で上質なリネンコットンを使用した洗える肌掛け布団。とても軽量で身体に適度にフィットします。通気が良いので湿気によって身体に生地がまとわり着くことはなく、布団にこもりやすい余分な熱を逃します。リネンコットンのさらっとした肌触りとシルクわたのもっちりとした感触とが相まってなんとも気持ちがよい布団です。ご家庭で洗濯できますので、布団カバーを掛けずにどうぞこのままお使いください。また秋口からは毛布の代わりとしてお使いになれますので年間を通じて長くご愛用いただけます。カーラーはピンクとグレーの2色あります。


いろいろある「麻」

麻には色々な種類があります。例えば、リネン(亜麻)・ラミー(苧麻)・ヘンプ(大麻)・ジュート(黄麻)・マニラ麻。これらは産地も違えば科も異なる全く別の植物です。繊維として利用するという点から「麻」という一括りで呼ばれています。現在日本国内に流通する布の中で「麻」と表記できるのはリネン(亜麻)とラミー(苧麻)に限られています。石田屋で扱う「麻」もリネン(亜麻)とラミー(苧麻)の2種類です。

リネン(亜麻) とは

ヨーロッパで古くから服地やシーツ、キッチン周りのファブリックとして使用されてきました。柔らかくて滑らかな感触。光沢感もあって、見るからに上質な感じが伝わってきます。

ラミー(苧麻)とは

日本を始め、アジアで多く利用されてきました。リネンに比べ、シャリ感が強くやや硬め。でもそのぶん肌に密着せず涼やかなのが特徴。小千谷縮や近江縮といった古くからある着物に使われる上布もラミーで出来ています。

 

こちらもお読みください
天然素材について 麻